【お歳暮】誰に?時期は?お返しは?喪中もOK?疑問を一挙解決!

【お歳暮】疑問を一挙解決

お歳暮は、感謝を伝える “冬の贈り物 ” です。喜んでもらえそうなアイテムを、あれこれ選ぶのは楽しいですよね。細かい贈答のマナーは、ポイントだけササッとおさえちゃいましょう!

\ささぱぱ解決!最初にまとめ/

ここだけ読めばオッケー
  • 誰に?
    「お世話になりたい人」と「お世話にならないといけない人」。
  • いつ?
    12月15日着。贈るモノ次第で~12月31日までフレキシブルに。
  • 方法は?
    郵送でOK!「送りました」と連絡入れると丁寧。
  • 金額は?
    3,000~5,000円(税別)。
  • 包装は?
    「のし紙(内包み)」×「水引(蝶結び)」。
  • 注意点
    毎年続ける!(始めたら途中でやめない)。

1. 誰に送るか

お歳暮は「お世話になりました!新しい年もお世話になるのでよろしくね!」という気持ちを込めて、一年の終わりに贈ります。あの人に贈っていいのかな…と迷うこともあるかもしれません。そんな時は、次の2点だけを基準に考えれば、スッキリ解決です!

お世話になりたい人

お世話になりたい人
まずは、これからもお世話になりたい、お付き合いしたいな…と思う人です。贈っちゃいけない人はいません。会社の先輩や親戚など、誰でもOK。ただし、お歳暮は目上の人に贈るものなので、かわいい後輩には、お歳暮ではなく、ランチやお酒をご馳走するのがいいですね。

お世話にならないといけない人

好き嫌いはさておき、“お世話にならないといけない人” っていますよね。ちょっと苦手だったり、いまいち踏み込めない相手だったりするかもしれません。

お世話にならないといけない人
でも、そういう相手こそ、お歳暮で気持ちを伝えるのはひとつのアイディアです。お歳暮はオトナのお付き合いの第一歩。グッと距離が縮まります。(ビジネスシーンでは、高印象を与えるのにコスパ最強ですヨ。)

ただし、お歳暮はスタートしたら途中で止めないのがマナー。急に止めると「もうお付き合いは終わりで!」と宣言されたかのような誤解を与えてしまうので、始める時は慎重に検討しましょう。

やっちまった…
ふしあなゆう子の失敗談
ふしあなゆう子の
残念エピソード

仕事で付き合いがある方に旅行のお土産をいただいたので、お返しをしようと思い、ちょうど年末だったのでお歳暮を贈りました。贈った後で、お歳暮は毎年贈るものだと知って驚愕…。相手も「なんじゃこりゃ」と思ったに違いありません。こういうシーンで感謝の気持ちを伝えたい場合は「御礼」としてスポット的に贈るのが正解でした。勉強代と思って、付き合いが疎遠になるまで贈り続けました。もちろん感謝の気持ちを込めて。

2. いつ送るか

お歳暮は12月15日に送る
時期については「12月15日頃に届けよう♪」と思っておけば間違いありません!その理由は次のとおりです。

地域ごとにルールがある

地域ごとにお歳暮を贈る時期のルールがあります。12月15日 は、どの地域でもNGにならないタイミングなのです。この日を目安にすれば、都度考える必要はありません。参考に、地域別のルールをメモしておきますね。

11月下旬~12月20日前後です。もともと12月初旬以降でしたが、前倒しの傾向です。
参考 お中元・お歳暮の意味と違い 贈り物の時期・マナーや金額相場「3.贈る時期は?」高島屋オンラインストア
12月13日~12月20日頃です。12月13日は、日本の年中行事「すす払い(年末の大掃除)」の日です。家がきれいになって、新年を迎える準備ができてからにしましょうよ、というのが理由のようです。
参考 お中元・お歳暮の意味と違い 贈り物の時期・マナーや金額相場「3.贈る時期は?」高島屋オンラインストア

受け取りに困るタイミングがある

ただでさえ年の瀬は忙しいです。仕事も立て込んだり、クリスマスもあります。ちょうど中旬の 12月15日頃だと、例えば食べ物なら、「クリスマスに食べよう ♪ 」「年末年始に食べよう♪」など、柔軟に対応できるので、喜んでもらえそうです。


【例外】年末向けに贈る場合

年越し用の豪華な食材などを贈りたい場合は、賞味期限を考慮して、その頃に届くように手配するとよいです。でも、こちらの都合で送って、タイミングよく受け取れずに相手が恐縮してしまうようなことは避けたいですね。相手の年末の予定が確認できたり、事前に「カニ贈るね!」など連絡できる相手に限定した方がベターです。

3. どうやって送るか

もっぱら宅配です!みんなそうなので、気にしなくてOKです!むしろ宅配を基本に考えてよいと思います。

お歳暮は宅配で送る
自宅に伺う予定があったり、挨拶を兼ねて伺いたい(伺った方がよい)と思う相手だけ、持参しましょう。

宅配の場合に考慮すること

宅配するだけでもOKですが、品物プラスアルファで、感謝の気持ちを伝えると素敵ですよね!必須ではありませんが、自分に置き換えて考えると、品物だけ届くのと印象が違います。方法はいろいろあると思います!例えば…

(丁寧順に)
手紙・はがきテレビ電話電話メールLINELINEスタンプ など…

手渡しの場合に考慮すること

「手渡しなら、宅配より確実に丁寧!」とは、言い切れません。上記「2.いつ送るか」と同様に、大切なのは相手の気持ちやタイミングです。迷惑にならないよう、慎重さが必要です。

4. いくらくらいにするか

3,000円~5,000円(税別)で十分ですよね。一番大切なのは、「もらった人が恐縮しない金額(内容)」にすること。高けりゃいいってもんじゃないし、3,000円を下回ると、なんとなく「安かったかな…」みたいな不安が残るので、自分の中で安心できる下限を決めておくといいと思います。

やっちまった…
ふしあなゆう子の失敗談
ふしあなゆう子の
残念エピソード

もともと優柔不断なのですが、何を贈るかで体調崩すほど悩んだことがあります…。そんなに期待されてないと開き直り、できる範囲の気遣いをするというところに辿り着きました。そこまで親しくない相手には食品がオススメです!会社なら個包装や賞味期限の長いものを選ぶだけでも、気持ちは伝わる…はず!迷ったら、有名な百貨店やメーカーの品物を選べば、及第点はもらえますよね。お歳暮をきっかけに話が膨らんで、趣味嗜好を聞き出せたら来年に生かせます!

5. のし紙や水引

お歳暮の正解は、「のし紙(内包み)」×「水引(蝶結び)」です。お歳暮だから、お祝いだから、お見舞いだから…という個別の覚え方だと、膨大だし毎回調べることになりそうです。どうしてそうなのかが分かれば、もう迷いません。包装のルールは以下の記事(準備中です)でご紹介しています。ササッとチェックしてみてくださいね。


おまけの知識
プチぱっぱ!

プチぱっぱでレベルアップ
先祖へのお供え物から始まった!

諸説ありますが、御霊祭り(年末年始や盆に先祖の霊を祭る行事)のお供え物が起源とされています。江戸時代には、武家社会では目上への贈り物、商人文化では取引先への年末のお礼として広まりました。
参考 読んで得するお歳暮マナーガイド「お歳暮の歴史・起源」シャディギフトモール

お返しは不要。御礼の連絡は絶対!

お歳暮に限らず、いただいたことの報告を兼ねた御礼の連絡は必要です。御礼状が書ければ丁寧ですね。電話にしても御礼状にしても、ここはスピードが大切です!「届いたはずだけど、なにか粗相したかな…」と思わせるのは相手に気の毒ですよね。御礼の連絡をした上で、お返しをする場合は「御年賀」や「寒中御見舞」として品物を送りましょう。

※「御年賀」「寒中御見舞」について、詳しくは後記「時期を逃してしまったら」でご紹介しています。
双方が喪中でも、お歳暮を送ってOK!

お歳暮は感謝の贈り物であり、慶事ではないので、喪を気にする必要はありません。ただし、忌中(一般的に死後49日間)であれば配慮しましょう。いつもより少し時期を遅らせて「寒中御見舞」として贈り物をすれば、心遣いが伝わります。

※「寒中御見舞」について、詳しくは後記「時期を逃してしまったら」でご紹介しています。
年始ならではの贈り物を送りましょう!

うっかり師走が過ぎてしまったら、お歳暮として送るのはNG。そんな時は「御年賀」や「寒中御見舞」として年始の贈り物を送ればOKです。「御年賀」「寒中御見舞」と言うと堅苦しいですが、「年賀状」や年賀状が遅れた時に出す「寒中見舞い」と同じ。その贈り物バージョンです。「御年賀(年賀状)」と「寒中御見舞」の違いは、時期の違いです。

  • 「御年賀」は、1月1日~1月7日(「松の内」と言うそうです)。
  • 「寒中御見舞」は、1月8日~2月4日(立春)まで。
  • ちなみに、その後は「余寒御見舞」となります。季節に合わせて相手を思いやりながら挨拶や感謝を伝える機会が、たくさん用意されているんですね。