「袋分け家計簿」はもう古い!もっとラクでお得な支出管理の新定番

カードでラク&お得に支出管理しよう

キャッシュレス化が進んでいますね。「キャッシュレス=お会計がラク」というだけではないんです。カード決済を活用すれば、毎月の支出管理もグッと “ラク&お得” になります!さらに、現金は「袋分け」に代わる新たな管理法もご提案します!日々のストレスがササっと解消しますよ♪

\ささぱぱ解決!最初にまとめ/

ここだけ読めばオッケー
  • 最適な支払い方法は?
    クレジットカード、デビットカード、現金の3本立て。
  • クレジットカードの良さは?
    明細で管理がラク。ポイントがかなり貯まる。
  • デビットカードの活用法は?
    「クレジットカードのサブ的」&「袋分けの代わり」。
  • 現金管理のコツは?
    面倒な「袋分け」をやめる。

1. はじめに

“ラク&お得”な支出の管理方法を考える前に、まずは毎月どんな支出があるかを整理することが大切ですよね!私は、月単位・年単位で、どんな支出があるかを整理しています。方法については以下の記事にまとめていますので、お読みいただけると嬉しいです。

(以下の記事は飛ばして、今回の記事だけ読んでも分かる内容になっています。その場合は「ふしあなの補足」を飛ばしてお進みください!)
【はじめに】「勝手に貯まる黒字家計の作り方」ができるまで【STEP1】毎月の支出を「完全固定化」する
ふしあなの補足

上記の記事でご紹介していますが、私はお給料が入ると、ネットバンキングで以下のようにお金を移動しています!

お給料が入ったらネットバンキングで振替する
今回の記事では「支払い(引落)」口座に移動したお金についてのお話です。
支払い口座で行われていること
①、②、③について、詳しくご説明していきます!

2. 支払方法は3本立て

まずは、毎月のあらゆる支出を可能な限りクレジットカード決済に集約します。そのうえで、一部、デビットカードを利用します。さらに、病院やコインパーキングなどカードが使えない場面があるので、現金も用意しています。比重は以下のような感じです!

  1. クレジットカードをメインに
  2. デビットカードをサブ的に
  3. 現金はちょっぴり
  4. (カード決済不可で自動引落OKのものは、自動引落にしています!
    ふしあな家の場合は「生命保険・自動車保険・ガス料金・水道料金」です。)

クレジットカードを使いたくないという方は、カードの分を現金に回してもOK!ですが、クレジットカードの良さを以下にまとめましたので、改めて検討してみませんか?また、カード決済を話題のスマホ決済にするのもアリです。(スマホ決済の記事は作成中です)

3. クレジットカードの良さは

現金払いを減らし、クレジットカード決済をメインにする理由は主に3つです。こんなメリットがあります。

お財布がスッキリ

スッキリした財布は素敵
長財布になんでも入れちゃったり、2つ折り財布がパンパンで、いつしか2つに折りきれてなかったり。「別にいいじゃん!」と言われてしまうと謝るしか無いのですが、お気に入りのお財布が苦しそうなのは切ないのです…。現金もカード類も最低限がスッキリへの第一歩です!

ポイントがかなり貯まる

ポイントが貯まって喜ぶ
「最近ポイントポイントってうるせーよ」と思いませんか?私はすっかりポイント疲れしています。だからこそ、あれこれ手を出さずクレジットカード1枚にポイントを集約しています。集約することで、ポイントもかなり貯まります。

そして、ポイント疲れになる前、いろいろ調べて選んだオリコカードを愛用しています。(正直なところ、私の中の情報が更新されていませんので「もっといいカードがあるよ」という方は、ぜひ教えてください!)

いずれにしても、クレジットカード決済をメインにする場合、カード選びのカギはポイントです。特に以下の4点が最重要だと私は思います!この点で、オリコカードは優れています。(決してオリコの回し者では無いので、詳細は興味があればクリックしてチェックしてください!)

1円もムダにならない!

100円で1ポイントもらえる場合、99円の買い物をした場合はどうなるでしょうか?私の調べたところではポイントがつかないカードが結構ありました。オリコカードは毎月の利用総額に対してポイントが付与されます。99円の買い物を1,000回した場合、総額99,000円。カード次第で0ポイントと990ポイント。大きな違いですね!

どれだけのポイントがもらえるかも大切!

100円で1ポイントもらえるのが基本です。中には「1,000円以上の買い物にのみ付与」というような条件付きのカードもあるので要注意です。逆に「〇〇(特定のお店)での買い物なら+3%!」といった囲い込み系のカードもあります。決まったお店を利用して高ポイントを狙う選択もありますが、高ポイントに固執し過ぎて、「商品自体がヨソより高かった」なんて落とし穴も。買い物のたびに値段とポイントを比較検討するのは、結構なエネルギーです。
参考 Orico Card THE POINT概要(オリコ カード ザ ポイント)ブランドサイト

使いやすくなきゃ意味が無い!

クレジットカードのポイントは、他のポイントに移行して使うのが一般的です。オリコも同じです。Amazon、Tポイント、nanaco、waonなど幅広く、特にAmazonは500円からポイント移行できるので重宝します(1,000円から移行できるポイントが多めです)。さらに、オリコのサイトを経由して買い物すると、ポイントが上乗せされます。結構いろいろなお店が対象になっているので、ハードルは低いですし、ポイント移行の画面から買い物できるので、ついでに済ませるとカンタンです!
参考 ポイントサービス「オリコポイントを使う」クレジットカードのオリコ

ナゾの目減りを見逃さない!

ポイントを移行する際、ちょっと目減りするカードがあります。例えば、クレジットカードの1,000ポイントをnanacoに移行すると、950 nanacoポイントになるといった具合です。切ないです。オリコは100%移行です。
参考 ポイントサービス「オリコポイントを使う」クレジットカードのオリコ

なお、お得重視なら、クレジットカードの年会費無料は必須です。会費を払ってでも欲しいメリットがある場合は、検討してみても良いですね!


ムダ遣いしなくなる

「カードの方が使っちゃう」という方もいるかもしれません。私は現金の方が咄嗟に出せてしまい、使ってしまいがちです。

ムダ遣いする呑気なネコ
また、カードだといくら使ったか分からなくなるという心配もありますが、使う理由と金額が毎月決まっていれば、それ以外(以上)使うことはなくなるので、自分の中でルールを作るといいですよ!

支出の固定化については「勝手に貯まる黒字家計の作り方」をご参照ください!
【はじめに】「勝手に貯まる黒字家計の作り方」ができるまで

<例>ふしあな家の場合

ふしあな家では、こんなものをクレジットカード払いにしています。参考に、2019年のオリコカードのポイント履歴も公開しちゃいます!

クレジットカード(オリコ)

  1. 家賃
  2. 公共料金(電気のみ)
  3. 日用品
  4. 携帯&インターネット
  5. ガソリン(ゆう子)
  6. ETC(夫)
  7. ETC(ゆう子)

毎月の支出の一覧(PDF)

ポイントを使った内容まで出てしまっていますが、獲得ポイントを合計すると「23,588ポイント」でした!ふしあな家は家賃もカード決済していることもあって、結構貯まります。

4. デビットカードの活用法

クレジットカードほどには、まだ普及してませんよね。しかし、実はクレジットカード派にも現金派にもオススメしたい便利なカードです。特徴は、クレジットカードのように翌月引落ではなく、銀行口座から即時引落されることです。この特徴をうまく生かせば、家計管理がラクになります!

普段の口座とは別にする

デビットカードの利点を最大限に生かすためには、普段使っている銀行口座とは別の口座から引落されるようにすることが大切です。

デビットカード専用の口座を用意する
デビットカードを申し込むと、カードの発行と同時に専用の銀行口座を開設できるものがほとんどです!

その開設した専用口座に毎月お金を入れておけば、そこから即時引落される仕組みです。デビットカードを使うメリットは次のとおりです!


クレジットカードの整理に

クレジットカードは、郵送やオンラインで利用明細がチェックできて便利です。でも、内容があまりに細かいとチェックも骨が折れます。ここでデビットカードの出番です!クレジットカードで支払うものの中で、頻出する項目についてデビットカードを使います。

クレジットカードのサブ的にデビットカードを使う
オススメは「食費」です。クレジットカードの明細は、細かい食費が無いだけでかなりスッキリします。食品を購入するコンビニやスーパーなら、問題なくデビットカードが利用できる点も理由のひとつです!

方法はとっても簡単。毎月、デビットカードの引落口座に食費分のお金を入金するだけです!

クレジットカードのようなポイントは付きませんし、この分のクレジットカードのポイントも減っちゃいます。でも、それと天秤にかけても十分に負けない快適さがあります!


袋分けの代わりに

食費などを「袋分け」している方も多いと思います。袋分けすると、お金が目に見えるので、残高が分かって便利ですよね。

袋分けは現金管理法のひとつ
でも、例えば食費は月3万円(1日1,000円)と決まっていれば、そもそも使い過ぎることはないと思うのです!
支出の固定化については「勝手に貯まる黒字家計の作り方」をご参照ください!
【はじめに】「勝手に貯まる黒字家計の作り方」ができるまで

つまり、デビットカードは「袋分け」の袋代わりになります。袋に出し入れする手間が省けてとっても便利です。私は給料が入ったら、デビットカードの口座に食費を入金して、その後は月に1,2回アプリで残高をチェックする程度です。残高がなければ使えないので、その点も袋分けと変わりません。


デビットカードの選び方

デビットカードもポイントはつきますが、毎月の食費用として使うとすれば、それほど大きな金額(ポイント)は期待できません。デビットカードについてはポイントではなく、利便性が最優先!選ぶ基準は以下の3つです。

  1. 入出金のしやすさ(ATM)
  2. 入出金のしやすさ(手数料)
  3. デザイン

入出金のしやすさは、コンビニのATMで手数料無料(または格安)で利用できるネット銀行がベストです!

手数料は安いネット銀行の例

デザインは、メインのクレジットカードと違うものにすると間違えなくて快適です。さらに、テンションが上がるデザインだと使うときも楽しいです♪


<例>ふしあな家の場合

ふしあな家では、こんなものをデビットカード払いにしています!

デビットカード(ソニー銀行)

  • 食費(金~日曜の自炊)

Lineペイ(カード)

  • 食費(ゆう子/自炊以外)

ソニー銀行は、複数のコンビニ・ゆうちょその他の金融機関のATMが利用できます。しかも入金無料!出金も月4回まで無料というお得さです!

Lineペイカードはデビットカードではなく電子マネーですが、できることはそれほど変わりません。カードのキャラクターがキュートなので利用しています。セブンのATMで無料で入金(チャージ)できます。

どちらのカードも、ATMを使わずに、自動入金やオートチャージすることも可能です!

参考 ATM情報MONEYKit - ソニー銀行(ネット銀行)

【アイテム】カードケース

長い間、長財布を愛用していたのですが、カードでの支払いをメインにした結果、小さなポーチがお財布になりました。ポーチに入れる理想のカードケースがなかなか見つからなかったのですが、ようやく希望どおりのアイテムに出会えました!

お財布がスッキリする極薄カードケース

あちこち探し回ってたどり着いたのは、ハンドメイド通販・販売 Creemaでした。

参考 HOMEハンドメイド・手作り・クラフト作品の通販、販売サイトCreema

Creemaには使う人の気持ちに寄り添った素敵なアイテムがたくさんあります。既製品で「惜しいなぁ。ココがもうちょっと〇〇だといいのにな~」という時に、きっとお気に入りがみつかりますよ!

5. 現金管理のコツは

キャッシュレス化が進んでいるとは言え、現金が必要な場面もありますよね。特に、カードはあまり利用せず現金管理したい!という方にとっては、現金管理のスッキリ具合はとても重要です。

袋分け管理をやめよう

先述のとおり、食費などカード決済ができて、利用頻度が高いものはデビットカードを利用するのがオススメです。デビットカードを「袋分け」の袋代わりに利用すれば、ずいぶんスッキリします。

袋ではなくカードで分ける
それでも、どうしても現金で管理したい・管理しないといけないお金がありますよね。そのようなお金について、私は「袋分け」はせず、次のように管理しています!

メモ帳ひとつで解決

現金を分けるのではなくメモ帳を使って収支を書き分けるという方法です!例えば、3つの費目で各1万円の現金がある場合、ひとつの袋にまとめて3万円入れます。そして、メモ帳にそれぞれの収支を記入するだけです。

袋ではなく収支を書き分ける
お金を分ける手間が無いだけでも、ラクになりませんか?袋もたくさん要らないので、スッキリです!

<例>ふしあな家の場合

ふしあな家では、こんなものを現金管理しています!

家に置いておく現金

  1. お小遣いの繰越(夫)
  2. お小遣いの繰越(ゆう子)
  3. 予備費

持ち歩く現金

  1. 医療費
  2. 雑費
  3. お小遣い(ゆう子)

お小遣いの繰越は、財布に入れておくと使ってしまうので、持ち歩かずに管理しています!また、予備費として月5,000円を現金管理しています。特別支出費が発生した場合に、すぐにお金を下ろせない時に一時的にここから支払います。

特別支出費については「勝手に貯まる黒字家計の作り方」をご参照ください!

【はじめに】「勝手に貯まる黒字家計の作り方」ができるまで

医療費は現金払いですし、ふしあな家では毎月必ず発生するので、手元のポーチに入れて管理しています。


【アイテム】セリアのミニ家計簿

お札と一緒に収納できるコンパクトな家計簿
現金を入れるケースは、お札を折らずに入れられるサイズです。このケースにジャストサイズで入るのがセリアのミニ家計簿です。費目ごとにページを使い、入出金を書き込んでいます!家計の支出管理を支える、とっても便利なアイテムです!

ちょっと長くなりましたが、毎月の支出を3本立て(+自動引落)で管理する方法のご紹介でした!


おまけの知識
プチぱっぱ!

プチぱっぱでレベルアップ
便利なサービスがいっぱい!

カードによって様々なサービスがあります。よくあるのは、旅行傷害保険です。年会費があるようなカードでは、旅行や空港ラウンジでの利用優待などがついています!旅行の機会が多い方や、カード利用額が多い方は、年会費以上のメリットが得られることもありそうです。

すぐ連絡!補償内容は事前にチェック!

すぐにカード会社の紛失・盗難受付に連絡します。カードの裏面に電話番号が記載されていることが多いと思います。被害が発生した場合に、カード会社がどのような補償をしてくれるのか、事前に確認しておきましょう!
参考 困ったときでもしっかりサポート(オリコ カード ザ ポイント)ブランドサイト

安全対策のひとつ。でも注意も必要!

カード番号とは別に記載された3桁または4桁の数字です。この数字はカードのスキミング(磁気部分から情報を盗み取る犯罪行為)でも盗まれません。カードそのものを持っている人しか知り得ないものです。セキュリティコードの入力が必須のサイトなら不正利用が防げますね。でも悪い人たちは、この数字を盗もうと考えます。本物を装ったニセのログイン画面で、大事な情報を入力させるなどフィッシング詐欺が横行しています。油断は禁物です!
参考 カードが届いたら、まずはじめに(オリコ カード ザ ポイント)ブランドサイト